2022/08/05
農地の相続
農地は、農家かこれから農業を始める人しか取得することができません。 唯一の例外が相続です。 相続人が相続として農地を手に入れる場合、相続人は農家以外の人であっても農地の取得が可能です。 しかしながら、農地は農業に使うことが前提の土地です。 相続により農家以外の人が取得してとしても農地は農地、農業に使うという目的は変わりません。...
2022/08/04
空き家
15年後、空き家率は30%を超えると言われています。 過疎地や郊外の住宅地で空き家が増えていく理由はわからないでもありませんが、 弊社のご近所(JR浦和駅から徒歩3分)でも頭に浮かぶだけで3軒の空き家があります。 なぜ空き家は放置されるのでしょうか? 放っておけば草木は伸び放題、家は荒れ果て不動産価値は下がっていきます。...
2022/08/03
60年で土地の価値がなくなる?
一昔前は、地主さんと言えばお金持ちの代名詞でした。 しかしながら、今は少し状況が変わってきています。 不動産が資産ではなく負債となる時代に突入しています。 土地には固定資産税と都市計画税という税金がかかります。 固定資産税が固定資産税評価額の1.4%、都市計画税が0.3%の合計1.7%が課税されています。...
2022/08/02
不動産の現金化
納税資金が不足し、所有する不動産を売却するとしても実はけっこう時間がかかります。 渋谷区、港区、中央区など繁華性の高いエリアの商業ビルや いわゆる高級住宅街と言われるような地域で駅徒歩5分圏内の宅地などは あっという間に買い手が見つかる思いますが、 地方都市の商店街、郊外の住宅地などは売却までにかなりの時間を要します。...
2022/08/01
相続放棄
相続放棄は、きちんとした手続きが必要です。手続きをきちんとしないと、借金取りがあなたの家に押しかけてくるかもしれません。
2022/07/31
海外資産と相続
財産隠しや相続税逃れのために、海外に資産を移しているという話を時々耳にします。 たしかに、数年前までは通用する手口でした。 2014年以降は、海外に5,000万円超の資産を持つ人は国外財産調書の提出が必要となりました。 2018年からはCRS(共通報告基準)という制度に基づき、海外の銀行口座の残高を 税務署が把握できるようになりました。...
2022/07/30
住宅取得資金の贈与 非課税制度
両親は祖父母などの直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合、ある一定額まで贈与税が非課税となる制度です。
2022/07/29
相続税の基礎控除
相続税には基礎控除というものがあります。あなたの家の基礎控除額はどのくらい?
2022/07/28
認知症と遺言書
亡くなられた方が認知症だった場合、遺言書の信憑性が問われることがあります。 いったいいつ遺言書が書かれたのか? 遺言書作成時に遺言能力があったのか無かったのか? まず、亡くなられたかたの認知症の症状と程度が問われます。 ひとことに認知症と言っても様々です。 一度認知症と診断されたあとも定期的に医師の診断を受け、...
2022/07/26
遺言書
遺言書と言うと、縁起でも無い!と怒り出す人が未だにいます。 ただ、私の経験上、元気なうちに遺言書を書かれた人の方が、そのあと元気で長生きされている方が多いように感じます。

さらに表示する