2022/09/25
民事信託と税金
民事信託で節税ができると語る専門家が時々おりますが、 はっきり申し上げておきます、民事信託で節税はできません。 (例外的に事業承継の場面では節税につながる場合があります) 節税にはなりませんが、相続トラブルをさける対策としては非常に有効です。 日本の税制は実態主義、受益者負担が原則とされています。...
2022/09/24
民事信託でできること
民事信託でできる主なことは以下の通りです。 ① 生前から被相続人の財産管理を自由に利用、処分できる。 ② 財産の管理をひとりに集中させることで資産の分散を防ぐことが出来る。 ③ 資産運用などで得られる利益を自由に分けることが出来る。 ④ 遺産相続の分割方法を事細かに決められる。 ⑤ 三代先の数次相続まで決めることが出来る。...
2022/09/23
民事信託3
マイホームは資産形成のおおきな柱になります。 年金暮らしになってからも家賃を払い続けるのはたいへんですし、 マイホームがあれば万が一の時には売却してある程度まとまった資金を手に入れることもできます。 マイホームを持つ持たないはライフスタイルの問題ですし、 それぞれの考えがあって良いと思います。...
2022/09/22
民事信託2
民事信託の登場人物はおおきくは3人。 ・委託者 ・受託者 ・受益者 委託者は信託をお願いする人、受託者は信託をお願いされる人、 受益者は信託から得られる利益を受け取る人を言います。 受益者=受託者となることが多いようです。 それでは、信託とはどういうことでしょう。...
2022/09/21
民事信託1
民事信託と言うとちょっと難しい感じがしますが、そんなにかわった制度ではありません。 民事信託は家族信託とも言われています。 信託と聞くと信託銀行を思いうかべると思いますが、考え方はかなり近い制度です。 ものすごくおおざっぱに言うと、私の財産の処分をある一定の条件のもとであなたにお任せします、と言うことです。 たとえば、...
2022/09/20
認知症と財産の処分
財産を処分する上で、本人の意思確認が厳格化されています。 ちょっと前までは、通帳と印鑑さへ持参すればほとんどの銀行で預金をおろすことが出来ました。 近頃は、運転免許証などの本人確認書類の提示を求められることがあります。 不動産の売買も同様です。 数年前までは認知症の親に変わり自宅を売却する書類に記名押印することも普通に行われていました。...
2022/09/19
付言事項
遺言書として認められるために必要な条件は以下の3つです。 1.本人の自筆であること。 2.日付の明記と署名があること。 3.押印されていること。 これらの条件を満たした上で、誰に何をどのくらい相続するかを書いていきます。 最近は、その他、付言事項として、遺族(相続人)へのメッセージを書くケースが増えています。...
2022/09/18
遺言書の書き方3
遺言書を書いた後、気が変わると言うこともありますよね。 遺言書は何回書き直してもOKです。 最新の日付のものが有効とされます。 ですので、〇〇〇〇年〇月〇日と日付を明記する必要があります。 〇月吉日というような表記では、日付を特定できませんのでNGです。 自宅を譲る、なんていう表記もありがちですが、...
2022/09/17
遺言書の書き方2
遺言書は遺族に対して大きな影響力があります。 しばしば問題になるのは、遺言書に書かれていない財産についてどう分けるかです。 土地建物などの不動産を書き忘れると言うことは少ないかもしれませんが、 幾つも不動産を持っていたり、代々譲り受けている土地で共同名義になっている山林など 記載漏れをする可能性もあります。...
2022/09/16
遺言書の書き方1
遺言書を未だに遺書とを混同している人がいます。 遺言書の話をすると縁起でもないと言い出す人もいますが、大きな勘違いです。 健康であっても事故で突然亡くなるということもありますので、 家族を持ったり、マイホームを購入するなどある程度の資産を持つようになったら遺言書の作成をお勧めします。 遺言書には幾つかの作成方法がありますが、...

さらに表示する